So-net無料ブログ作成

不明少年が守った兄のランドセル 8カ月ぶり、15キロ下流で発見(産経新聞)

 昨年8月の台風9号による豪雨災害で、行方不明になっている兵庫県佐用町立幕山(まくやま)小5年、小林文太君(10)が避難時に持っていた兄のランドセルが18日、現場から南に約15キロ離れた同県上郡町の千種川河川敷で見つかった。

 ランドセルは18日午前11時ごろ、清掃作業をかねて捜索していた漁協関係者が竹やぶにひっかかっているのを発見。内側には文太君の兄の名前が書かれていたが文具などはなく、泥だけが入っていた。

 文太君は豪雨当日の昨年8月9日深夜、「兄ちゃんのランドセルが水につかったらあかん」と、兄のランドセルを抱え、自分のランドセルも背負って母の佐登美さん=当時(40)=、姉の彩乃さん=同(16)=と避難。途中で自宅近くの用水路に転落し、佐登美さんと彩乃さんは遺体で発見された。兄は先に祖父宅に避難していて無事だった。

 県警が捜索を打ち切った後も、近所の人と捜索を続ける祖父の武さん(68)は県警佐用署から確認を求められると、「間違いない。あんなところまで流されとったんか」と涙ぐみ、「関係者のみなさんに本当に感謝している。私のそばに文太がいるようだ」とランドセルを大切そうになでた。

 豪雨では18人が死亡。文太くんら2人が今も行方不明で、県警は19日朝からランドセル発見現場付近を45人態勢で捜索する。武さんは「ひとつの手がかりができたので、周辺を重点的に捜したい」と話した。

起し太鼓 1000人の裸男が激しく攻防…岐阜・飛騨(毎日新聞)
振り込め詐欺未遂容疑で3人逮捕=同じ業者名で100件以上か−警視庁(時事通信)
所管全法人の会計を検査=千葉法相(時事通信)
フェラーリ型のジェットコースター…中東アブダビに誕生
普天間問題、5月末に方向性 鳩山首相発言が後退(産経新聞)

元阪神・掛布さんの自宅、競売開始を決定(読売新聞)

 阪神タイガースの元内野手で、野球解説者の掛布雅之さん(54)の大阪府豊中市の自宅について、大阪地裁が競売開始を決定したことがわかった。

 掛布さんは事業資金の返済に行き詰まっているとされ、テレビやタンスなど動産計13点の競売も決定している。兵庫県尼崎市の金融機関が競売を申し立て、3月31日に開始決定が出た。豊中市も2月に自宅を差し押さえている。

前田日明氏、国民新党ともタッグ組めん 民主にUターンして比例で出馬も(スポーツ報知)
回送中の関空リムジンが追突事故 3人軽傷(産経新聞)
最高裁 岡部判事が就任会見 女性で4人目(毎日新聞)
版権代は秘密「1Q84」5月に中国本土版(読売新聞)
「舛添氏、政局に関係ない」=民主・渡部氏(時事通信)

<鳩山首相>マニフェスト修正に前向き(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は5日、連合の古賀伸明会長との会談で民主党のマニフェスト(政権公約)の「大胆な見直し」を進言されたことに関し、「政権を取った後に分かったことに関し、『大胆にやるのもいいではないか』という古賀会長の指摘はありがたい」と述べ、昨年の衆院選で掲げたマニフェストの修正に前向きな考えを示した。一部を断念することにも柔軟な考えを示したとみられる。首相官邸で記者団に語った。【山田夢留】

【関連ニュース】
後半国会:本格化 民主、目玉法案審議入り
鳩山首相:連合会長と「政府・連合トップ会談」
鳩山首相:戸別補償、コメ以外でも リアル鳩カフェで
鳩山首相:小沢幹事長、稲盛氏と会食 政権運営など協議か
参院選:「小沢ガールズ」再び 新人27人中、女性13人

福屋工務店に業務停止命令 上限超す手数料徴収(産経新聞)
交通切符入りかばん紛失、逃走バイクに引っかかる(読売新聞)
急坂下る豪快な「木落し」=諏訪大社の御柱祭、最高潮に−長野(時事通信)
神奈川県不正経理、元職員2人を詐欺容疑で逮捕(読売新聞)
病腎移植3例目始まる(産経新聞)

名張毒ぶどう酒事件 差し戻しで奥西死刑囚「希望持てる」(毎日新聞)

 「一日も早く再審をしてもらい、冤罪(えんざい)を晴らしたい」。名張毒ぶどう酒事件の第7次再審請求に対し、最高裁が名古屋高裁への「差し戻し」を決定したことについて、奥西勝死刑囚(84)は6日、穏やかな表情でそう語ったという。半世紀近くにわたって揺れ続けた司法判断。桜の満開を伝えられた奥西死刑囚の胸の内にこの日、わずかな光が再び差し込んだ。【秋山信一、中村かさね、沢田勇、高木香奈】

 最高裁決定を受け、弁護団の小林修(57)、鬼頭治雄(38)両弁護士が午後2時半から30分間、名古屋拘置所で奥西死刑囚と面会。奥西死刑囚は入浴後、青色のセーターと灰色のズボン姿で現れた。審理差し戻しを伝えられてもよく理解できない様子で、弁護士が再審請求の流れを図解して死刑の執行停止を説明し、「勝ったんですよ」と伝えると、「よかった、よかった」と喜んだ。

 差し戻し決定は4月5日付。くしくも05年に名古屋高裁で再審開始決定が出たのと同じ日付だった。弁護士が「同じ日ですね」と話すと、奥西死刑囚は「ああそうですね」とにこにこしたという。

 特別面会人の稲生(いのう)昌三さん(71)も6日、拘置所で奥西死刑囚と面会した。稲生さんは人権団体に所属し、11年前から奥西死刑囚を支援してきた。再審開始決定時にも面会しており、5年前と同様、この日も桜が満開だと伝えると、奥西死刑囚は「希望が持てる。私も頑張る」と話した。

 奥西死刑囚は69年に高裁で逆転死刑判決を受けて以来、05年の高裁の再審開始決定で死刑執行を停止された一時期を除き、常に死刑の恐怖と闘ってきた。03年には胃がんの摘出手術も受けている。以前、稲生さんに「拘置所の休庁日以外、死刑執行がある午前中は恐怖と苦悩の時間」と漏らした。昼食の配給が唯一ホッとできる時間といい、夜、布団の中に入ると「このまま夜が明けてくれなければいいのに」と弱音を吐いた時もあるという。

 この日、稲生さんが「アクリル板の向こう側でなくて、壁の外で『奥西さん良かったね』と言える日が必ず来るから頑張ろう」と告げると、奥西死刑囚は「うん、うん」とうなずいた。

【関連ニュース】
名張毒ぶどう酒事件:84歳の奥西死刑囚「後がない」
名張毒ぶどう酒事件:再審の可能性…最高裁が差し戻し
名張毒ぶどう酒事件
名張毒ぶどう酒事件:再審の可能性 84歳「後がない」 奥西死刑囚、確定から38年
名張毒ぶどう酒事件:早急な再審開始訴え 奥西死刑囚の弁護団、名張で学習会 /三重

TBSに確認怠った責任=BPO倫理検証委(時事通信)
ケアベア 福岡に特設コーナー…米国生まれの人気キャラ(毎日新聞)
<東京地検>立川支部検事を減給処分 被害女性と不適切交際(毎日新聞)
平野官房長官、沖縄知事と今夜会談=普天間、検討状況説明へ(時事通信)
<児童買春>JAXA副室長を懲戒免職 少女にわいせつ行為(毎日新聞)

警察庁長官銃撃事件が時効=実行役特定できず−「被疑者不詳」書類送検へ・警視庁(時事通信)

 1995年3月、国松孝次警察庁長官(当時)が自宅マンションで銃撃され、重傷を負った事件は30日午前0時、殺人未遂罪の公訴時効(15年)が成立する。警視庁は「被疑者不詳」で書類送検し、東京地検は証拠物を精査した上で、不起訴処分にする。
 警察組織のトップを狙った前例のないテロをめぐり、同庁南千住署捜査本部は延べ約48万人を投入。オウム真理教の組織的犯行とみて容疑者逮捕に全力を挙げたが、実行役を特定できず、真相は闇に包まれたままだ。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件〜ついに時効!〜事件
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
〔用語解説〕「地下鉄サリン事件」
カルト対策で連携強化=79大学が情報交換
被害者支援団体、国の協力訴え=担当相「意見取り込みたい」

校庭にミカン苗、市教委が提訴へ…所有権確認で(読売新聞)
水俣病 和解成立 熊本地裁で不知火患者会(毎日新聞)
アパート火災で母子死亡=金沢(時事通信)
普天間で小沢氏「首相も県外移設、約束した感じ」(読売新聞)
<偽装献金>鳩山首相「責任感じる」 自民「使途の説明を」(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。